自分にとっての優良物件とは?

自分の目的と優先順位を確認

賃貸物件などを借りる際には予めどのような目的があるのか、選ぶためにこれは絶対に譲れないといえる優先順位などを改めて確認しておきましょう。
部屋探しとは言わばとても大きな買い物です。
その買い物次第で自分の生活環境が大きく変わるので、選ぶ時も慎重にならなければなりません。
選んだはいいが家賃が高い、間取りが狭い、駅から遠いなどと、選んだ後に後悔しては元も子もありません。

物件を探し、選んでそこに決めるまでにはできる限り多くの情報を集めておく必要があります。
最低限ここは妥協できてもここは絶対に妥協できないと言えるものがあればそこを基準に物件を探していきましょう。
全ての条件が自分の理想に合っている物件を見つけ出すのは至難の業です。
見つかってもすぐに他の誰かに取られてしまうなんてこともザラにあります。
そうならないためにも、探し出す根気とそこと決める決断力が問われます。

見つけたら即断

いい部屋見つけたけど、まぁ大きな買い物なのだからそんなすぐに取られるわけないでしょうと思ってしまいますが、実際には結構な頻度で契約が成立しています。
特に賃貸物件の場合は人の出入りが年がら年中激しいです。
優良物件を見つけた数日後には既に他の人が入ってしまっていたなんてことは当たり前のようにあります。

自分にとって理想的な物件を見つけたら間を置かずにすぐ不動産屋に空き状況を問い合わせてみましょう。
稀にネット上では空きと書いてあっても実際には既に人が入っているなんてこともあります。なので確認は絶対に必須です。
そして空き状況の確認と同時の部屋の見学も申し込んでおきましょう。
写真や資料だけでは全てを把握することはまず無理なので、実際に現地に赴いて部屋の間取りや広さ、近所などを調べて自分の条件に見合っているかを確認しておく必要があります。


この記事をシェアする